未公開 作品集

ここでは具現化に至らなかった作品を紹介します。

🎵

アレンジで停滞中だったままの作品。

『約束イヴ』

夕闇迫るこの街で 君と僕 やけに風が柔らかい
一番星を思い出す前に ほら 並木道がイヴの夜へ誘う

愛が響いてる 豊かに響いてる
瞳合わせたら 君が手をつないだ

観覧車で2人きり お決まりのフルコースさ
約束しよう 2人で 暖かくてCUTEに
わがままな 記念日を 渡り歩こうよ

恋人集うこの街で 胸踊る やけに君が近くにいる
四分音符のリズムで揃えてよ ほら 並木道がイヴの夜を歌う

夢が待ちわびて 未来を連れ出した
瞳そらさないで 君の手を離さない

観覧車で2人きり とびきりのフルコースね
約束しよう 2人の 輝かしくてタイトで
そしてドラマな 記念日を 渡り歩こうよ

観覧車を飛び越えて 星屑のイルミネーション
約束しよう 2人で やさしくて甘いキャンディ
ほおばって 記念日を 渡り歩こうよ

🎵

合いそうなメロディが存在するものの、当てはめていけば若干構成も変わってきそうな作品。

『戯言真実』

あっという間を叫んでいるのか
むしろその先も見越しているのか

終わらないでと叫んでいるのか
むしろこの街を愛しているのか

君に 負けないデシベル
片時も忘れない(ぜベイビー)しぐさ
誓いで滅びない響き

君に 負けないシグナル
誰かに魅せる本物(誰かに届く魅力)
誰の前で輝ける本物

若干弱音も叫んでいるのか
むしろ未来は楽観的なのか
むしろ複雑な恋のおたけびか

つくづくこの世に未練があるのか
むしろめげない愛の塊か

君に 聞こえないデシベル
誰かに歌う エンジン

君の くじけないデシベル
一夏で打たないピリオド

🎵

これはマンネリという響きをもとに生まれた詩です。

『頭ひねり』

マンネリはお前の心で吠えている
マンネリはお前が踏み固めている
マンネリでお前は露骨に吠えている
頭ひねりのマンネリ ぬるいカクテルとヒマワリ

マンネリでお前の頭は膿んでいる?
マンネリはお前の頭が生んでいる
頭ひねりのマンネリ 軽い悪魔とおまわり

マンネリはお前の枯渇が生んでいる?
マンネリはお前が心を閉じている
頭ひねりのマンネリ スライダーでしてやったり

マンネリにお前は飲み込まれている
マンネリにお前は心奪われている
頭ひねりのマンネリ ついにチャンスも見過ごし

頭ひねりのマンネリ だるいBEATでぐったり
頭ひねりのマンネリ ふいにデジャブのワイナリー

脱却に とりあえず 君とランデブー

🎵

具現化待ちだった作品。

『 輝け!どん底の俺たち!』

いっそ過去のまじない切り捨てて
土壇場でわがままに生きてやる

あぁ 昨日からなんでか分からない
あぁ 今にも 何かがはじけそうな

そして急な未来に覚悟して
べらぼうな運命も受け止める

あぁ 昨日からなんでか分からない
あぁ 今こそ 本音を見せてあげる

飛び出る杭になって ハンマーを突き破る
恋の謎解きながら ハンマーを突き破る

もうこれ以上 悔いは残せない

あぁ 昨日からなんでか分からない
あぁ 今こそ 本音を見せてあげる

飛び出る杭になって ハンマーを突き破れ
恋の謎解きながら ハンマーを突き破れ

もうこれ以上 悔いは残らない

🎵

リズムトラックに苦戦中のまま、ほぼ完成していた作品。

『あの娘が君になった』

お気に入りのリズムで 起き上がる 走り出す 眠いのも気付かずに
申し訳ないけれど これ以上 あり得ない とっておきのシーン

やけにおしゃれな町が 少しずつ似合ってゆく 木漏れ日の中
過去に集うガラクタを 暖めて軽くシャッフル 箱入りのKEY

悲しい台詞を忘れたら その恋は 君へと

あの娘が君になった 封印していた愛を解いた
僕の胸のドキドキは 君が好きだから
やがて吹く風なら 君も気付いてる

新しいリズムが 立ち上がり 追いかける 覚悟にも気付かずに
触れ合うほどの近さで もう一度エンゲージ 抱きしめるシーン

あの娘が芳しい森林浴 その恋は 君ごと落

あの娘が君になった そんなはずもない天使に会った
さりげなくカーニバル 君を連れ出して
めぐり逢いなら ほら 君も気付いてる

あの娘が君になった 封印していた愛を解いた
さりげなくカーニバル 君を連れ出して
めぐり逢いなら ほら 君も気付いてる
めぐり逢いだから 君を選んでる

🎵

最後はこちらもほぼ完成しているものの、KEYでずっと苦戦していた3拍子の作品。

『フェリシアス』

遠目に見ればもう 君に気付いている
知らんぷりでも ホントはIKNOWYOU
君のしぐさは日々 小鳥の毛づくろいみたい
その唇はほら とりあえずご機嫌そう

2人の翼で夢のアンドゥトロワ ねぇ今笑った?

真っ白な確かに前向きの 砂浜で
僕たちは何も分からないまま 抱き合っている

採れたてのフルーツ 程よい君のフォロー
野暮と言われてもね ホントはILOVEYOU

2人で話そう明日を越えて ねぇ手をつないで

幸せよ めぐりめぐって出会えた 僕たちを
やさしく 暖かいしるしで 照らしていて

2人で話そう明日を越えて ねぇ手をつないで

真っ白な確かに前向きの 砂浜で
僕たちは何も分からないまま 抱き合っている
幸せよ めくるめく奇跡の SYMPHONY
やさしく そのぬくもりで そっと包んでいて

僕たちは手を離せないでいよう