ソーダガラス

そこから先は

おとぎ話

楕円の窓から

眼下に広がる

ラムネ色の町へ

滑り落ちていく