月別アーカイブ: 2018年11月

ななな純文学論

さて、2014年にビル風の合間を一人アルバムをひっさげてさえずってみたものの、ごく普通にというか、さりげなく一般的な態度を示すというか、緊張していました。既に傷ついていらっしゃる方もたくさんおられるかと思います。大変多大なるご迷惑をおかけしてまことに申しわけありませんでした。

 

他のことできめ細かく考えている場合なかなか盲点に気が付くまでが遅く時間がかかる場合のほうが多いかもしれませんが、現状で個人的に分かる範囲でどういったことだったのか列挙してみました。

 

  • 他者が存在しない視点、あるいはファインダー越しの感覚でしか自分の言動を見ることができなかった。
  • 社会の様子を岩場の陰から覗き込むように伺っていた。しかし最終的には高慢な態度だったということが後々になってじんわりと伝わってきてしまった。
  • ただなんとなく冷たい涙に浮かべてしまったチョコの短編をできれば長編にして読んでみたかった。
  • 視界の範囲が非常に狭く公衆の面前で赤いトートになってしまった。
  • 実生活でのむしろ気を使い過ぎな面がなぜか真逆になって表れてしまっていた。
  • うつらうつら夢うつつだった、もしくは人や現実から遠ざかっていった。反抗期だった。金銭感覚が非常に疎かった。
  • いつの間にか平穏な言動(文体)であることに対して、自ら独特な視点で分析し、もっと穏やかにね、とうっすら感じてはいながらも、その場でひらめいた起伏の激しいアイデアをともかく優先させられずにはいられなくなってしまっていた。
  • 大学に入ってから日記をつけ始めていた。最初はさっぱりとしていたが、忘れた頃に読み返したとき詳細が分かるような記述になっていってしまった。それはつまり無意識のうちにトリコになって何かに没頭するというその背景や経緯が何だったのかを捉えたかったのかもしれなかった。ハッて気がついたらものすごい聴きまくっていて、一体どういう理由でこうなったのか知りたかったみたいなことであった。
  • 日記じゃないんだぞ感を数日後に認識してしまっていた。
  • 群馬に帰ってからはしばらく母におむすびを作ってもらい1日図書館の奥の日当たりの良い机で密かに音大を目論みドイツ語を勉強していた時期もあった。しかしせいぜい形容詞の格変化ぐらいまでであった。
  • また図書館は言葉遊びをやるのに絶好の場所であった。ファストフード店ではBGMが入るしキャピキャピした雰囲気がそのまま反映されたりしてしまうこともあった。しかし、言葉遊びの中ではとても自由だった。
  • さらに図書館では、言葉遊びの合間に貸し出しできない大きな絵画集などをよく眺めていたのであった。
  • 言葉遊びにそのままメロディをつけちゃおうと考えた時期もあったが、部分的に先に作詞に取り入れちゃったものもあった。あ 甘い匂い、い いい匂い、す 好きっていう告白を く 薬指にはめてあげたい、り 理論が解けるように、い イニシャルもほどけてゆく、む 無邪気なまま、であった。さらに、す 好きで好きで、 と トロけそう、ろ 論じなくても、べ ベイビー、り リップにキッスで い いいんじゃない、であった。
  • 単なる現実逃避だった、あるいはフィクションみたいな脳がそのままドキュメンタリー化してしまっていた。あるいはファンタジーの世界に住んでいたかった。
  • いわゆるこの創作の日々、特にライフワークがもたらした脳の中にある種のクセのようなものができてしまっていた、あるいはその後遺症であった。
  • 孤立ではなく孤独だった。しかし厳密に言うとある意味孤立なのかもしれなかった。
  • 漠然と書き記したものやメロディに当てはめようとしながらも作詞として当てはまらなかったものなどいくつかは、そのままあるいはまた違った短めの自由詩のような形にして残した。ここに大学生の頃から「はなうた」として録音してきたメロディの断片をはめることで完成した曲もあった。
  • 自信対策に関しては不十分であったというよりはもはやその資料をダンボールに詰めてガムテープを貼って天袋にしまっちゃおうと思っていたら、元気が出るはなうたが浮かんできて思わず飛び上がってしまったのであったけれども、このことをきっかけとしてもう一度このアルバムの打ち上げ花火をしてみようかなとゆう気にさせてくれたこのはなうたに関しては感謝の気持ちでいっぱいであった。
  • 一番基本的な日常生活の中に含まれた事細かなあれこれを乗り越えてくれていた家族に対する感謝の気持ちはやはり欠けてしまっていた。
  • メロディに当てはめるわけでなくとも、思いつく言葉を次々に並べ替えたりして気に入ったフレーズを作るのが得意だった。しかしそういった気分に入り込むまで時間がかかるというのと、入り込んだ後はちょっと没頭ぎみになってしまう傾向もあった。
  • 地図上で街歩きのようにして世界中を旅した。
  • 置かれた状況や目の当たりにした景色、深く読んだ記事にわりとすぐに感化されてしまう傾向もあった。
  • 自転車の急ブレーキの音が遠くで聞こえた気がして慌てて側溝を飛び越えたら、まるで気を失うかのような光か何かの後でなぜか僕は深緑の中で歩いていたのだった。
  • 高校1年生の頃、バドミントンの新人戦にてもう少し頑張れば勝てるという試合なのに、みるみる試合数が減っていってこれ以上目立つのが恥ずかしくて負けた試合のことを思い出してしまった。
  • まず手始めに、一番最初にDysonでお部屋全体をくまなく清掃した後、背筋をキリッと伸ばし、もっと完璧に聴くべき「The Beatles」という存在があったのだった。
  • ワクワクして無邪気に遊んでるっぽくなってしまっていた。

 

もしかしたらもっとまとめて簡単に言い表すことができるかもしれないのですが以上の通りです。ご迷惑をおかけしました。

 

「#ペンチメント」について2

基本的に絵を描くのは得意でした。小学5年生ぐらいの頃には担任の先生とクラスの子たちの似顔絵もいくつか描きました。担任の先生の似顔絵に関しては、あえて簡略化して描いたのが絶妙だったようで文集にも大きく載せてもらいました。中学では自画像がうまく描けて数学の先生に褒めていただき、今思うとそのせいで数学の勉強に力が入って成績が上がったのかなぁと思います。この自画像は絵そのものよりも額縁の彫刻にも力が入っていて、ラピュタのオープニングの抽象画っぽく彫りました。高校では授業で屋上から得意になって風景を描きますが、どういうわけか全く良い絵が描けませんでした。

独自の自己流の一環としてはその中には絵画という素材も存分に含まれており、堕落というその心の景色の中で純粋に見えてくるもの、痛々しい響き、変わったリズムをBGMにしながら己のコアな面を理解すべく底のない滑らかな螺旋階段の探索、SF小説を背景としながらも過去へと突き進む一筆書きのような連続、そして退廃的かつリアルさをも追求した静物画の旅、とでもいった具合でありましたが、一時的にであれ妹が完全にこれにインスパイアされてしまったことは悔やまれてなりません。

 

 

「#ペンチメント」について1

さて、実家へ帰ってきてしばらくは、本を読んだり音楽を聴いたりしていましたが、自業自得ですので非常に肩身の狭い状況に追い込まれます。「なるべくなら音が漏れないように」から、だんだんと「絶対に誰にも聞こえない状況」でないと特に創作とは向き合うことができず、心の中では若干本気で存在を消すような感じで息を潜めながら過ごしていたと思います。そうしてこの創作においてはいわゆる完全なる独自の自己流というものからの脱却についてどうしても毎日考えるようになってしまい、多分夜中じゅう悶々とした日々を経て、ある朝父に宛てたメモ用紙の中で「専門学校に通わせてください」とお願いしてしまったのでした。その日父はそのまま会社を休んでしまい、このお願いはもちろん聞き入れてはもらえませんでしたが、このことは今でも非常に申し訳ないことをお願いしてしまったなぁと痛烈に後悔しているわけであります。