日記」カテゴリーアーカイブ

どインパクト朴訥エンタティナー

 

2019年に、創作した楽曲はINSTOCHIKAGAMIRUMENTALという作品集としてまとめました。完成とはならなかったものや今年に入ってから完成させたものはTOCHIKAGAMIRRORとしてまとめようとしています。4曲ほどが完成しています。

基本はその日、仕上がりそうな1曲を立ち上げる前のウォーミングアップにおいて次の作品として発展しそうなモチーフを軽く録音していきます。数種類のモチーフを別々に録音しておいて、その日の気分で題材を選んで仕上げていきます。コードに関しては知らないコードを存分に鳴らしている気がする時もありますが調べてみればいつものコードだったりすると思います。

楽曲の創作を進めている最中に、新しく鳴らそうと思うそのフレーズはその日だけに生まれる紛うことなき瞬間であるために、頭の中で和音の名前や進行を考えている余裕がありません。よくよく考えてみればその時のそれはF#m7かもしれません。しかし和音を調べている余裕は常にありません。漠然と表現したい塊は次の瞬間には完成していなければならぬという気持ちなのにそれにもかかわらず完成していないことは酷くもどかしいったらありゃしない状態なのであります。

思わず忘れてしまうわけにはいかないその時だけの鳴らしたいあやふやなものを決して見失わぬようにひとまず鳴らして録音することを優先させています。そう、コードネームやコード進行それは雑念、ではなくてむしろ崇高な嗜好の時間ともいうべきものでしょう。何事においてもこの冷静な科学的なアプローチというものは腰バッグから常に取り出せる状態にしておくべきでありましょう。

しかし私の場合、この創作の瞬間に限ってはコードネームやコード進行は一旦腰バッグの中にしまっています。開いたとしてもあまり理解できる時間を持ちません。もっとも必ず和音を鳴らすというわけでもなく、低音のこの音を鳴らしている時にここの音から半音上がる雰囲気がなんかいいなぁ、というようなことをしているうちにそれをベースとして本日限りのメインテーマが浮上してくる確率が非常に高いです。全般にわたってこのような感覚です。

コード進行は基本的には成り行き任せです。と言っても一応ピアノでのフレーズが作品の骨格になっており、それを元にリズムを鳴らしその骨格を裏切らんばかりのグルーヴを考えあぐねます。そのうちにまぎれもなくそのフレーズの中のツボの場所が見えてきます。そうしたらそのツボを中心にうねりを起こしていきます。

多くあるパートそれぞれのフレーズたちがせめぎあったり譲り合ったり時にはバッティングしたりしている中で、その全体で鳴っている音楽の心地よさというものをノリを感じながら音量とパンやエフェクトを調整しながら見極めていきます。本来のコード感が失われている場合も、コード感を無くすか残すかはその全体の心地よさで判断していきます。

さて、クラシック音楽の気に入った楽章をタブ譜化することにいったいどのような意味があるのかと問われても答えられません。ただし各々惚れ込む箇所があるというところが絶大に大切であり、その箇所を個人的にはギターで再現してみたという音楽への分析が非常に憎くめなくもカッコつけたくなる自分であって、創作における脳内のレアなカスタム変革が訪れたのであると自分で言ってしまうにはどうもおこがましさが過ぎると言ってしまっても過言ではないでしょう。

有名なあのピアノコンチェルトの3楽章は今でもギターで弾くことがありますが(ほんの出だしだけ)、個人的なおすすめはポリフォニックなシンフォニーです。ミニチュアスコアを1stヴァイオリンを中心にまるで野鳥の動きを捉えるかのように広い視野で追っていきます。特に注意して読み込むのではなく全体を大気の揺らぎを感じるように読むことこそがとても大事です。

そう、そして正確には話すように弾くことができたらなおよろしいのです。聞き耳をたてるのもいいけれども音を使って話すことはことのほか必要以上に重要です。また、空想の中にのみ存在する宝玉を手に握りしめている気持ちになって、そこからにわかに手の中で確かな宝玉の重みを感じつつあるようになる弾き方を伝授できませんが、まずはやはり話せないと思わずにあのたくさんある鍵盤を使って気持ちの全てを自由に会話しましょうと言いたいわけであるわけなのであります。

個人的な課題としては、わりかしリズムが簡素化していることと1曲においてTEMPOが一定過ぎているところかなと感じています。無論数分の曲ではありますがTEMPOにもう少しグラデーションを取り入れたいところです。ただし数パートならばともかくも数分の曲の中でたくさんあるパートのそれぞれの音色をより自由なTEMPOで揺らしたりするなど、行えないとも言えない気もしないでもないですが、なるべくは機材一つでさっぱりと完成させたいものであります。

ただ想定外のお話をさせていただくのであるならば、曲の進行が電子音で満たされた音楽で始まりながらも徐々に生オーケストラの楽器の音へと切り替わっていき、それと並行して逆に生ドラムによる空気感のあるリズムが曲の進行に合わせていつの間にか電子音のリズムトラックに変わっていくというような、さらに詩の内容が徐々に時代を遡っていく、もしくはより未来へとタイヤが折りたたまれていく、というようなことを実際によりオーセンティックかつメロディアスな現場で具現化してみたいものです。

さぁ、縦ピアノの上が飾り物置き場になってしまっているそこの、おととい銀座線の三越前のエスカレーターですれ違ったそこのあなた!違う君じゃなくて君の後ろの!そうあなた!は?何がって?この際音楽を鳴らしちゃいましょう。早くしないと地球の生き物たちも含めた平和のための基礎が幻になっちゃいますよ。みんなで一緒にああだこうだいいながら弾きたくなって鳴らしちゃえばいいのでしょう。一人一人のそれが底のほうで深いつながりを持つ静かで確かな平和への一音なのです!さぁ!

え?調律から始めるの?

 

Do Impact BokuTotsu Entertainer

The songs created in 2019 have been compiled into a collection of works called INSTOCHIKAGAMIRUMENTAL.
Anything that was not completed or completed this year will be put together as TOCHIKAGAMIRROR. About 4 songs have been completed.

Basically, on that day, as a warm-up before starting to make a song that looks likely to be finished, we will lightly record a motif that is likely to develop as the next work.
We record several types of motifs separately, and select and finish the subject according to the mood of the day.
There are times when I feel like I’m playing a chord I don’t know about a chord, but when I look into it, I often find that it’s a chord I’m familiar with.

During the process of creating a song, the phrase I want to play a new song is an unmistakable moment born only on that day, so I can’t afford to think about the names and progression of chords in my head.
If you think carefully, the chord of that day may be F # m7.
But I can’t always afford to study chords. What we want to express vaguely must be completed the next moment, but nevertheless it is very restless to say that it is not completed.

We give priority to sound recording for the time being so as not to lose sight of the strange thing that we want to sound only at that time that cannot be forgotten by mistake.
Yes, chord name and chord progression Is it unnecessary? Well, no, it’s a rather sublime taste time.
Originally, this cool scientific approach should always be accessible from your waist bag.

However, in my case, only at the moment of creation, the chord name and chord progression are once stored in the waist bag.
Even if you open it, you don’t have much time to understand. However, it does not always sound a chord.
For example, if you play “I like the atmosphere of going up a semitone from this sound when playing this low tone,” there is a very high probability that you can come up with a main theme only for that day based on that phrase. Such feeling throughout.

Chord progression basically depends on the mood of the day. Even so, the phrase on the piano is the skeleton of the work, and based on that, I think of a groove that sounds a rhythm and seems to protrude from that skeleton.
Eventually, you will see the important key points in the phrase.
Then we will swell around the key points.

As each phrase of many parts competes for the main melody or entangles the sound, the volume, pan and effect are adjusted while feeling the groove of the comfort of the music playing as a whole.
Even if the original sense of chord is lost, whether to eliminate or retain the sense of chord is determined by the overall comfort.

By the way, I can’t answer what exactly it means to make a tablature of a favorite movement of classical music.
However, it is extremely important that we all have movements that make us want to hum.
I personally analyzed that part with a guitar,
Rather, analysis from various angles or different genres may be very meaningful.
But it’s only a joke to say to myself that a rare custom transformation in the brain of creation has happened to me.

I still play the 3rd movement of the famous piano concerto on the guitar (just the beginning), but my personal recommendation is a polyphonic symphony.
The miniature score is tracked with a wide field of view, as if capturing the movement of a bird, centered on the 1st violin.
It is very important to read the whole thing so that it feels the turbulence of the atmosphere instead of reading it with special care.

Yes, and more precisely, I wish I could play to speak.
Listening is good, but using sound is more important than necessary.

Also, while feeling like holding a jewel that exists only in fantasy with your hand, you can not teach how to play gradually starting to feel the weight of a real jewel in your hands,
First of all, I want to say that I can talk freely with all my feelings using that many keys without thinking that I can not talk to the piano.

As a personal issue, I feel that the rhythm has been simplified and that TEMPO is too constant in one song.
Of course it is a song for a few minutes, but I want to add a little more gradation to TEMPO.
However, it is not impossible to raise and lower each tone of many parts in a few minutes of music with more free tempo, but I want to complete it as much as possible with one piece of equipment as much as possible.

In addition, I will tell you an unexpected story, but while the progress of the song starts with music filled with electronic sounds, it gradually switches to the sound of a live orchestra instrument, and in parallel with it, the reverse It is said that the rhythm with a sense of reality gradually changes to an electronic rhythm track as the music progresses, and at the same time the contents of the poem gradually go back in time or the tires are folded toward the future I would like to realize such thinking in an authentic and melodious setting.

Well, the other day you passed by me on the escalator in front of Mitsukoshi on the Ginza Line! On the vertical piano of your house is a decorative shelf
! Wrong! You who are behind you, not you!
Yes you! What? What is it? At this time, let’s play music.
If you do not do it early, the foundation for peace, including the creatures of the earth, will be hallucinations.
I guess it would be nice to play together while saying various things together.
It’s a sound that leads to a quiet and secure peace with a deep connection at the bottom! Now!

e? Do you start with tuning?

 

ギタリスト

ギュウッと詰め込んだ愛の花火を

絶え間なく打ち上げて

両想いになる瞬間

少し微妙な2人の距離が

友達じゃなくなる瞬間

guitarist

Fireworks of tightly packed love

To launch from next to next

The moment that both prefer each other

A slightly subtle relationship between each other’s distance

A moment when it became a familiar relationship more than a human relationship as a friend

今年こそ会いたい「Blue and white flycatcher」
I want to see you this year “Blue and white flycatcher”

🎵

スターバックスのフレンチローストはかなり深煎りで

多めのミルクによって、少しほろ苦さを和らげますが

バニラアイスとのコラボレーションは、より一層お互いの存在が純粋に姿を現します。

すると濃厚で、ほろ苦さの中に甘さもあります。

いわゆる「アフォガート」という名前なのですが、

これはシンプルで美味しいのでかなりオススメです。(エスプレッソマシンを使用します)

French roast of Starbucks is fairly deeply roasted

A lot of milk relieves bitterness slightly

In collaboration with vanilla ice, the presence of each other appears purely.

Then it is thick, there is sweetness in bittersweetness.

It is called “Afogato”, but,

This is pretty recommended as it is simple and delicious. (I use an espresso machine)



とあるヴォーカル録音の日々

2013年3月〜6月の間に行ったヴォーカル録音の日記です。コンディションと戦いながら、1曲につき半音違いで2〜3種類のKEYの中から最適なものを探し出し、2巡ぐらいで納得のいく録音を目指しました。独自の理論で戦っています。(It is a diary of vocal recordings performed between March and June 2013. While fighting conditions, I searched for the best one out of two or three kinds of KEY with a semitone difference per song, and aimed for convincing recording about two rounds. I am fighting with my own theory.

KEYとTEMPO

作品の具現化に伴うKEYとTEMPOの参考値です(It is a reference level of KEY and TEMPO with the embodiment of the work)。

2nd 月見草 B140
4th ガラクタ A146
6th 朝食F#m187
6th 雨降りC65
6th リンゴジャム D194
7th 幸せWALKING B130
8th 夏の日々 BC#G118
8th 雪降りC156
8th 300Wガール A183

10th
クレープを食べながら E135145?
SWEET D#115
缶コーヒー C#125
クリスマスの恋 F120
君 D120
FLOWER E♭120
恋のロンド A110
WONDER B C 120
クラゲの夢 D#65(131)
秋のヒエログリフ F120
エネルギー Gm143

11th
リラの行方 D115
楽園CALL G#120
espressivo A#91
七色スタート G120
一途に下ってG130

CHOCO FON D 110
1% を咲かせよう F144
あの娘が君になった D#E 200 
約束イヴ F#125
雨のミトボッホ?111
ドワーフの詩 B♭?F?121

                   

Logic Pro 9 創作履歴

ここに、Logic Pro 9 『RED DATA SONG BOOK』のうち主に6曲の録音記録を残します。ちなみに「ウニャラッピ」というのは「パランピレウニャラッピ」という新曲(インスト)の名前です。(I leave six pieces of recording records mainly here among Logic Pro 9 “RED DATA SONG BOOK”. By the way, “UNYARLOIPYIE” is the name of the new song (Instrumental) called “PARANPIRE UNYARLOIPYIE”.)

2013年

03月05日 Espressivo2 Bass スコア練習
ホワイトリリー ピアノイントロアレンジ中
03月19日 ウニャラッピ アレンジ開始

04月01日 ウニャラッピ 本格始動
03日 Logic データ LOCK作業 紛失データ復旧
05日 イヴの日 ソフトシンセ
06日 マンボウ ギター録音開始
15日 10日録音の アクアマリン、冠をあげたい、Vocal完了とする
16日 マンボウ カッティング録音
22日 18日録音の『ピリオド』、19日録音の『願いのマンボウ』Vocal完了。
マンボウVocalコンプリング編集、バウンス。
23日 マンボウ サウンド編集
24日 Vocal録音完了楽曲のバウンス音圧、Vocalコンプリング
26日 冠Vocal編集、Outputにマスタリングのプリセット
28日 試しマスタリング、残り『ピリオド』
30日 inst005旋律録音中。

05月02日 マンボウGuitaアレンジ録音中、espressivo Vocalガイド用XR接続。
04日 VocalのEUREKA、録りではイコライザー無でも良かったみたい、考えてみれば確かにそう読んだ。
09日 変更の無いサウンドのフリーズ化
12日 inst005出だしの打込がホワイトリリーと同じため変更。
13日 マンボウGuitarSOLO,バッキング、Ending。
15日 マンボウ、サビ直前のフレーズ。
21日 マンボウ、Bassフレーズ探り、サビのリフ刻み懸念。
26日 マンボウ、Bass録音中、全体のサビまでのコード感模索。
27日 esspressivo、打ち込み開始エイリアス。

06月01日 マンボウ、Bass完了。
04日 マンボウ、ダブリング後回しにしていたら、実際コーラス系などいくつかのみのまま。
冠、アレンジ突入。
05日 冠、XRダブリング。
10日 冠、Guitarアレンジ中。
17日 マンボウ、サビリフ再検討、PIANO伴奏。
18日 前日に弾き続き。
19日 マンボウ、サビ直前とサビリフ、そのバッキングのピアノのリズム。
29日 inst001、tempo90新規立ち上げ。
30日 マンボウ、立ち上げ最初期の雑コードのリメイク、サビ直前とサビリフ再録音

07月18日 マンボウ、サビのリフとピアノごちゃごちゃ感の悩み、パンで解消か、リミックス。
23日 冠、Guitarリフ再検討。マンボウ、なんだろ?なんかこう、まだしっくりいかない感。
Vocalは多分再。

08月04日 冠、Guitar、検討中。
14日 冠、Guitar、録音中。
25日 冠、14日以降に新たなフレーズ案、全編アルペジオ完了。
Vocalとミスマッチ箇所発見、後日再検討。そろそろBass。
29日 Vocalとミスマッチ(Vocalを打ち消している)部分に
GuitarでVocalメロディラインを挿入。

09月02日 冠、Endingのリフの投入再録、Guitarはこれで完。
03日 冠、タブ譜化開始、久々にマンボウ、すっきりREMIXか?
10日 冠、Bassライン考。V-AMP抜き、logic内のアンプで良さそう。
17日 冠、Bassライン続。
19日 冠、Bassライン続もう少し考慮。疲労感および眠気を持たない考慮の時間を要する。
マンボウ、サビにピアノと同じ的リフ案。Vocalの微妙な不安定さも納得いかない感を醸し出している。
21日 冠、Bassライン決定、録音待ち。
22日 冠、Bass録音中。
23日 冠、BassOK、バウンス、完了、タブ譜化、Bass。
24日 冠、タブ譜化、Guitar。モニターによってBassズンズン。
29日 アクアマリン、PIANOリフ、バッキング案。
サビPIANO裏メロ、Vocal棒読みっぽさ、細かいコード感必要か?
30日 アクアマリン、Vocal補助風リフ、PIANOオブリガート、左右にPAN。

10月02日 アクアマリン、サビのPIANOがVocalを棒読みにしている?
サビのオブリガートをPIANO低音、GUITAR低弦で案。
間奏の前半PIANO、後半GUITARで案。
05日 アクアマリン、一度バウンス。
冠バウンス、ipod視聴時Bassブンブンひずみ、ミキサーのバランス確認、pop Masterに。
12日 リフォームのため、一時停止状態、10日〜27日まで。
CPU付加のソフト音源系以外のフリーズを解除。

12月22日 リフォーム復帰後初、アクアマリン、記憶呼び戻し的サビリフのおさらい。
23日 アクアマリン、間奏バッキングリフ的じゃましないオブリガート。
24日 アクアマリン、間奏、続編。
25日 アクアマリン、間奏リフ完了。キーボードのセッティング。
26日 アクアマリン、ピアノ系ほぼ完了、PIANOソロ走ってる感あり、
及びPIANOソロへの盛り上がり感が乏しい。
27日 アクアマリン、GUITARコード感と末端修正。Bass待ち。
ホワイトリリー、冠、マンボウ、アクアマリン、再バウンス。
28日 アクアマリン、Bassライン考、あくまで低音域に徹し再TRY。
29日 アクアマリン、Bassライン考続、うまくボーカルになじませる低音。
PIANOコードでボーカルになじませる案、ともかく、サビの途中ボーカル浮く部分あり。

2014年
01月02日 アクアマリン、サビの途中あやふや部分メロディのみにPIANO単音ガイド挿入でOKっぽい。
前半にもGUITARコード投入か?あとはBass録音。
03日 アクアマリン、サビ途中メロディ補助単音完了、PIANO部記符完了。
残りは前半のサビにもGuitarコード、そしてBassのみとなった。
04日 アクアマリン、Bass録音中、GuitarソフトシンセのV-AMP化中。
09日 アクアマリン、Bassライン決定、録音待ち。
間奏後サビ合間、エンディングのGuitarリフのまったり感の修正待ち。
10日 アクアマリン、Bass完了(1カ所気になる点あり)、記符も完了。
11日 アクアマリン、エンディングにジャラーンの装飾、Bass残りの1カ所待ち。
12日 アクアマリン、完了。inst004のラストのGuitar旋律一部修正。
13日 アクアマリン、細かい修正、再バウンス。マンボウ、クロスフェード、再バウンス。
楽園CALL、youtube公開。
14日 ピリオド、末端部のドラムをGuitarに合わせる。ホワイトリリー、クロスフェード一部修正。
これら2曲バウンス。ホワイトリリーのピアノ、ソフトのままなのでXRで再録か、
Guitarのコードも同様。ピリオド、やろうと思えばやり様も無いともいえず、
しかしこのままの雰囲気も悪くはない。
15日 ホワイトリリー、EZのEQ外す、他の曲も全てEZのEQ外す予定、パシパシ感が強いため。
ピアノつなぎ部XR化。全編のピアノ、この文化むらの空気感のままでいくか?
17日 冠、クロスフェード作業、再バウンス。残りホワイトリリーGuitarコードと、inst004のGuitar旋律。
18日 ホワイトリリー、Guitarコード及び、PIANoつなぎ部の微妙なピッチ差により再録。
19日 気になる箇所
:アクアマリン、ピアノソロ走ってる?
→パン真ん中にして解消。
:冠、明らかにBass音の録音乱れ(後半)
→Bassソフトシンセの不具合か?トラックを再コピペで解消。
:ホワイトリリー、後半のサビ連続の近辺における盛り上がり感、物足りなさ。
→やはりこのフレーズで良しとした。
inst004、再録かとも思ったが、超一部の2カ所だったため、別の箇所よりコピペで完了、
ダブルトラックにして完成。
20日 WAVでバウンス、TUNECOREより配信。6曲完成とした。

02月13日 ホワイトリリー、今更ながらイントロのドラムのもたつき感、
これはむしろイントロのピアノのリバーブによるものかもしれないと思って、再バウンス。
14日 005(inst004)においてもリバーブのバスをオフにしたら旋律走ってる感が消えたかも。
19日 アクアマリンのピアノソロの走ってる感も気になり、
ピアノのバッキング群のバスを外して再バウンス。

 

 

11月4日

この日は、群馬大学の工学部で毎年恒例行われるカーフェスティバルへ行ってきました。(I went to the common usage Car Festival who received it every year in a department of engineering of Gunma University on that day.)

 

※英文は [Weblio 翻訳 ]を利用しました。(In addition, the English sentence used [Weblio translation].)

 

 

 

上の写真は日産サニークーペです。下の写真は初代のシルビアだそうです。独特なカットです。(The upper photograph is Nissan Sunny coupe. The lower photograph seems to be first Silvia. It is a unique cut.)

 

上の写真は2代目の日産シルビアです。下の写真はいすゞ117クーペです。(The upper photograph is Nissan Silvia of the second generation. The lower photograph is 117 Isuzu coupes.)

 

上の写真が有名なトヨタ2000GTです。下の写真はマツダのコスモスポーツで、今回初めて見ることができました。(An upper photograph is famous Toyota 2000GT. I was able to watch the lower photograph by Cosmo sports of Mazda for the first time this time.)

この車は初めて見ました。ラフなレースでもするようなラリー仕様に思えます。(I watched this car for the first time. I think of even a rough race to be the rally specifications that I seem to do.)

11月14日

先月、太田市にある大光院へ行ってきました。(I went to the Daiko-in Temple in Ota-shi last month.)

使用したカメラはNikonのD500です。現在はレンズにフィルターを付けていませんが、AF-S NIKKOR DX 18-200mm f/3.5-5.6 ED VR ⅡにはケンコーのPLフィルターを付けています。その場でプラス補正しています。(The camera which I used is D500 of Nikon. I do not attach a filter to the lens, but attach PL filter of Kenko to AF-S NIKKOR DX 18-200mm f/3.5-5.6 ED VRII now. I add it on the spot and revise it.)

 

 

ちょうど菊の展示会が行われていました。(The exhibition of the chrysanthemum was just held.)

上の写真のように低姿勢に構え遠近感を出して撮影します。(As you can see in the photo above, I set it in a low position and shoot with a sense of perspective.

イチョウの木も見事です。右の写真の場合、彫刻も良く写るようにプラス補正をしてあります。(The tree of ginkgo is wonderful, too. In the case of a right photograph, positive revision is done so that sculptures come out well.)

上の建物は逆光の中でも良く写るようにプラス補正しながら撮影しています。下は大光院の近くの山頂からの景色です。遠くの方にうっすらとにドーム状のものが見えます。(I photograph the upper building while adding it to come out in backlight well, and revising it. The bottom is scenery from the mountaintops near the Daiko-in Temple. I see a dome-formed thing slightly towards the distance.

 

 

※英文は [Weblio 翻訳 ]を利用しました。(In addition, the English sentence used [Weblio translation].)

 

 

 

 

未公開 作品集

ここでは具現化に至らなかった作品を紹介します。

🎵

アレンジで停滞中だったままの作品。

『約束イヴ』

夕闇迫るこの街で 君と僕 やけに風が柔らかい
一番星を思い出す前に ほら 並木道がイヴの夜へ誘う

愛が響いてる 豊かに響いてる
瞳合わせたら 君が手をつないだ

観覧車で2人きり お決まりのフルコースさ
約束しよう 2人で 暖かくてCUTEに
わがままな 記念日を 渡り歩こうよ

恋人集うこの街で 胸踊る やけに君が近くにいる
四分音符のリズムで揃えてよ ほら 並木道がイヴの夜を歌う

夢が待ちわびて 未来を連れ出した
瞳そらさないで 君の手を離さない

観覧車で2人きり とびきりのフルコースね
約束しよう 2人の 輝かしくてタイトで
そしてドラマな 記念日を 渡り歩こうよ

観覧車を飛び越えて 星屑のイルミネーション
約束しよう 2人で やさしくて甘いキャンディ
ほおばって 記念日を 渡り歩こうよ

🎵

合いそうなメロディが存在するものの、当てはめていけば若干構成も変わってきそうな作品。

『戯言真実』

あっという間を叫んでいるのか
むしろその先も見越しているのか

終わらないでと叫んでいるのか
むしろこの街を愛しているのか

君に 負けないデシベル
片時も忘れない(ぜベイビー)しぐさ
誓いで滅びない響き

君に 負けないシグナル
誰かに魅せる本物(誰かに届く魅力)
誰の前で輝ける本物

若干弱音も叫んでいるのか
むしろ未来は楽観的なのか
むしろ複雑な恋のおたけびか

つくづくこの世に未練があるのか
むしろめげない愛の塊か

君に 聞こえないデシベル
誰かに歌う エンジン

君の くじけないデシベル
一夏で打たないピリオド

🎵

これはマンネリという響きをもとに生まれた詩です。

『頭ひねり』

マンネリはお前の心で吠えている
マンネリはお前が踏み固めている
マンネリでお前は露骨に吠えている
頭ひねりのマンネリ ぬるいカクテルとヒマワリ

マンネリでお前の頭は膿んでいる?
マンネリはお前の頭が生んでいる
頭ひねりのマンネリ 軽い悪魔とおまわり

マンネリはお前の枯渇が生んでいる?
マンネリはお前が心を閉じている
頭ひねりのマンネリ スライダーでしてやったり

マンネリにお前は飲み込まれている
マンネリにお前は心奪われている
頭ひねりのマンネリ ついにチャンスも見過ごし

頭ひねりのマンネリ だるいBEATでぐったり
頭ひねりのマンネリ ふいにデジャブのワイナリー

脱却に とりあえず 君とランデブー

🎵

リズムトラックに苦戦中のまま、ほぼ完成していた作品。

『あの娘が君になった』

お気に入りのリズムで 起き上がる 走り出す 眠いのも気付かずに
申し訳ないけれど これ以上 あり得ない とっておきのシーン

やけにおしゃれな町が 少しずつ似合ってゆく 木漏れ日の中
過去に集うガラクタを 暖めて軽くシャッフル 箱入りのKEY

悲しい台詞を忘れたら その恋は 君へと

あの娘が君になった 封印していた愛を解いた
僕の胸のドキドキは 君が好きだから
やがて吹く風なら 君も気付いてる

新しいリズムが 立ち上がり 追いかける 覚悟にも気付かずに
触れ合うほどの近さで もう一度エンゲージ 抱きしめるシーン

あの娘が芳しい森林浴 その恋は 君ごと落

あの娘が君になった そんなはずもない天使に会った
さりげなくカーニバル 君を連れ出して
めぐり逢いなら ほら 君も気付いてる

あの娘が君になった 封印していた愛を解いた
さりげなくカーニバル 君を連れ出して
めぐり逢いなら ほら 君も気付いてる
めぐり逢いだから 君を選んでる

🎵

最後はこちらもほぼ完成しているものの、KEYでずっと苦戦していた3拍子の作品。

『フェリシアス』

遠目に見ればもう 君に気付いている
知らんぷりでも ホントはIKNOWYOU
君のしぐさは日々 小鳥の毛づくろいみたい
その唇はほら とりあえずご機嫌そう

2人の翼で夢のアンドゥトロワ ねぇ今笑った?

真っ白な確かに前向きの 砂浜で
僕たちは何も分からないまま 抱き合っている

採れたてのフルーツ 程よい君のフォロー
野暮と言われてもね ホントはILOVEYOU

2人で話そう明日を越えて ねぇ手をつないで

幸せよ めぐりめぐって出会えた 僕たちを
やさしく 暖かいしるしで 照らしていて

2人で話そう明日を越えて ねぇ手をつないで

真っ白な確かに前向きの 砂浜で
僕たちは何も分からないまま 抱き合っている
幸せよ めくるめく奇跡の SYMPHONY
やさしく そのぬくもりで そっと包んでいて

僕たちは手を離せないでいよう

創作のテーマ 創作の湧き水

『創作テーマ』

意味深であり、意味深なだけで意味は無く、

インパクトのある単語を並べつつ、抽象的で曖昧な歌詞。

 

 

『創作の湧き水』

入り口へ着く
上等なメロディー
歌ごころ
タイトルから
楽章的な構成をイメージ
言葉ツアー
季節感
自分が歌うと想定しない作風
詩情を思い出す
オシャレに
ユーモア
意味深ざっくばらん
過去の曲とのコールアンドレスポンス
つじつまがいらない
抽象的

 

節穴コントロール

作詞というよりは詩として光沢感を増すためにこれを作成して照らし合わせた。

『節穴コントロール』

一曲ごと照らし合わせよ

同じ詩の中に同じ漢字の音読み訓読みが混在してはいないか
(例) 急に急げ 遠い遠く遠浅 誘う誘惑 開ける閉じる閉める
足足る 目瞳

違うセンテンスで同じ意味合いを使ってはいないか(表現が乏しい1)
(例) ~ている ~たら ~だけ ~ながら
〜のように ~だけど ~すぎて ~まま ~ゆく

同じ意味合いでなくとも、一度使用した言葉の部分的な響きを
別のセンテンスで無意識的に使用してしまってはいないか

語尾は統一しているか (例 している してる)

はなうたの段階で歌えそうなKEYか
(ある部分で急に無理な音域で歌うことになっていそうではないか)

ユーモアはあるか

叙情的であるか

季節感はあるか

誤解を招きそうなニュアンスを含んでいないか

妙にいやらしいニュアンスに聴き取られることはないか

変に言い過ぎてしまってはいないか

歌ってみて恥じらいを感じすぎる歌になってはいないか

なぜだか急いで完成させようとしていないか

とりあえず完成にしてしまってはいないか

どの作品にも見られるような単語の構成になってはいないか(表現が乏しい2)

君君(僕僕)言い過ぎてはいないか(表現が乏しい3)

悩んだあげくありきたりなことになってはいないか

不眠系のなかでの創作の吟味には警戒が必要

詩単体過ぎてはいないか、
歌った場合のニュアンスの変化を念頭におくこと(当然すぎる1)

エンターテイメントとして曲に余裕があるか

総合的に見て素人の領域をさまよってはいないか